出産 髪の毛 痛む

出産したら髪の毛が痛む?産後の髪の毛ケアで傷みや抜け毛予防

出産したら髪の毛が痛む?産後の髪の毛ケアで傷みや抜け毛予防

 

出産したら髪の毛が痛むって本当??

 

ってことですが

 

本当ですよ。

 

しかも自分の時間が作れないっていうのもあるから、それも原因であると思います。

 

この原因の一つとして大きなものは

 

ホルモンバランスの変化

 

ですよね。

 

産後に髪質が変わった原因は、ホルモンバランスが変わる上に、育児や授乳によって栄養や睡眠が不足しているため、髪に影響していることが考えられます。

 

産後、髪の毛を司る女性ホルモンの分泌が低下するため、髪の毛の潤いが低下するのでどうしても髪はパサパサしやすくなります。乾燥すると摩擦が起こって髪同士が擦れることでさらに傷みが増します。

 

妊娠中に多く分泌される女性ホルモンのエストロゲンは、潤いを保つ作用をするので肌がきれいになる人もいますが、産後はエストロゲンの分泌量が通常の量に戻りますし、赤ちゃんを育て、母乳をだす必要があるので、母親の体内の栄養はほぼなくなってしまいます。

 

そうなると栄養が体内に入っても、まず体内の回復のために使われて、頭皮や髪まで行くのは最後になります。栄養がなかなかいきわたらないので、髪が痛んでしまうんです。

 

パサつきが気になったり、うねりが出るのもこの痛みのせいだと言えます。

 

出産したら髪の毛が痛む?産後の髪の毛ケアで傷みや抜け毛予防
初めての育児の場合だと、精神的に落ち着かないし、子供が優先になるので自分をじっくり見ることってなかなかありませんでした。

 

ちょっとでも私がいなくなったら泣きますからね・・。
トイレに行くのもすんごく気を使いました。子供が寝付くまで我慢することもザラ。(膀胱がすごく頑張ってくれました)

 

だから髪の毛が抜けていることも最初気づきませんでしたし・・・。

 

自分の髪の毛にケアに時間を割くことって本当に難しいし、美容院に行く余裕もないので、普段のケアの中でできることを探したほうがいいと思います。

 

たとえば、シャンプーやトリートメントなどのヘアケアを変えること。
ヘアパックとか追加するとなると時間がないので難しいですが、これなら普段していることだからできますよね。
(これも難しい時はありますけど・・・・)

 

絶対に夜にする必要はないんです。

 

昼間でもいつでも「この時間帯は子供は寝てくれる!」という時間に髪だけ洗ったらいいんです。そしてドライヤーをつかって乾かします。

 

夜のお風呂は子供のペースに合わせるのがいいと思います。
髪は死活細胞ですから痛んだらもう元には戻りませんので、これ以上痛まないようにケアをするしかないんです。

 

シャンプーを質のいいものに変えるだけでも髪の毛はかなり復活します。

 

出産前の私はシャンプーなんて何を使っても同じじゃないの?と思ってたんですが、産後の自分の髪質の低下を目の当たりにし、ちゃんとお金をかけるようになりました。

 

変えてみて思うのは「シャンプーの質の良いのってこんなに仕上がりが違うの?」っていうことです。それまではトリートメントを重視しててあんまり髪質が変わらなくて落胆したこともあったんですが、シャンプーを変えるべきだったんですね。

 

ある程度すればもとに戻る場合もありますが、産後の時期にケアをしなかったために髪のパサつきがひどくなる人もいるようなので、もし不安なら一度シャンプーなどヘアケア商品を見直してみるといいと思います。

 

>>産後の髪の傷みにおすすめのシャンプーはコチラで紹介しています。

 

>>産後に使える育毛剤はコチラ

page top