産後 抜け毛 ごまかす

産後抜け毛が激しい時の髪型 生えかけの短い毛や抜けた部分をごまかす方法

産後抜け毛が激しい時の髪型 ごまかす方法を知りたい
産後しばらくしてくると抜け毛が始まります。

 

妊娠中に女性ホルモンが大量に出ることで、髪の毛が抜けない状態だったものが、出産することによって女性ホルモンの分泌が正常に戻って今まで抜けなかった髪の毛が抜けることで抜け毛が増えたように感じるんですが、

 

抜け方が尋常じゃないってことありますよね涙

 

特に前髪なんか部分的にごっそり抜けてしまうこともあります。
抜けたままなかなか生えてこなかったり、
生えかけの短い毛がピョンピョン飛び出してきて、見た目があんまりよくないんです。

 

そんな、産後で髪の毛が抜けて、生えかけの短い毛をごまかす方法をご紹介します。

 

 

産後の抜け毛をすぐにカバーする方法

帽子

産後抜け毛が激しい時の髪型 ごまかす方法を知りたい
一番手軽でポピュラーなカバー方法です。
この際、いろんな帽子にチャレンジしておしゃれの幅を広げるというのもアリだと思います。

 

 

カチューシャ

カチューシャで抜け毛がひどい部分を見えないようにするのもいいですね。
前髪の部分をバサッとあげちゃうと抜けた部分や短い毛のハネをカバーできるので、本人のストレスがぐんと減ります。
形によっては、自分の頭に合ってなくて頭痛がしたりするので、買う前にはちゃんとサイズの確認をしたほうがいいと思います。

 

子供の世話してる時も前髪落ちてこないから便利ですね。

 

 

ヘアーバンド

ヘアーバンドはゴムで伸びるし、楽ちんですよね。
そんでもっておしゃれに見えるという。

 

確かにデザインや色も大事ですけど、頭のサイズに合わせたものを選ばないと頭痛くなりますよね。

 

 

 

ワセリンで短い毛をカバーする。

抜け毛がひどくなると、突然一部をスポーツ刈りにしたのかよってぐらい短い毛たちが現れたりするんですよね。
この毛たちを落ち着かせるためにワセリンを使うのもいいです。

 

ヘアスプレーよりは地肌にも優しいですし、子供が触っても安心です。
子供の保湿ケアをワセリンでして、ついでに自分の短い髪の毛もワセリンで寝かせるといいですよ。

 

 

ショートカットにする。

短い毛もあるんだし、どうせなら短く揃えちゃおうということでショートカットにするのもいいですね。
子供の世話でなかなか自分の時間がとれないですし、おむつ変えたり、着替えさせたりと下を向いて作業することも多いので、ショートだと楽ちんです。

 

頭も軽いし^^

 

 

ウィッグをする。

帽子と同じ感覚で、ウィッグを使うという手もあります。
最近ではつむじもすごい自然でウィッグってわかりにくいのも多いですよね

 

自分が今までできなかった髪型とかを思い切ってウィッグでやってみるのも楽しいかも^^
おススメはコチラで紹介しています。

 

 

以上産後の抜け毛が激しい時の髪型でした^^

 

産後の抜け毛対策に人気のシャンプー&育毛剤ランキング

 

page top